K先生の診察 2回目






脳神経で有名な
K先生の診察を受ける為
今日は朝早く家を出て
川口の病院へ。



二次診療専門の病院なので
来院している子達は皆んな
難病なんだろうな。。。

大学病院の時も
ここの病院の時も
待合室に居ると
なんとなく切ない気持ちに
なります。







9月21日以来
約3ヶ月振りの
K先生の診察。


「調子はどうですか?」

と言われ、

「 とても良いです。
脳炎になってから今迄で
ここ1、2ヶ月が1番調子良いです。
9月12日の発作から
ずっと発作も起こしてないです。」



K先生も嬉しそうに

「 とても良いじゃないですか。
うん。凄く良いです。
足もともしっかりしてるし、
とても良いです。」

と、
終始笑顔で

「 良いじゃないですか!」

を連発してくれました。


アトピカの血中濃度の数値も
充分な値だと言ってもらい、
年末年始はお薬は今のままで。

年始になったら、
ステロイドを
4分の1を1日おきにするか、
(今は1.25ミリ=4分の1を
1日1回の量)
1グラムのを1日1回にするか、
どちらかの量で減薬して、

2月いっぱいぐらいまで様子を見て
大丈夫そうなら
そこでステロイドを断つ。

そのプランを話されました。


”ステロイドを断つ”

出来るのかな?

でも今のすーなら
夢ではない気がする!!


鼻水に関しても質問しました。

脳炎とは関係ないみたいです。
ただ、
どうしてかは
今はまだわからないそうです。

感染系のものであれば
鼻水はサラサラではなく、
ネバネバと粘質だから
感染系ではなく、

サマーカットが伸びないから
風邪引いた?寒いのかな?
それでもなく、

とりあえずアレルギーの
可能性を踏まえ、
ポララミン というお薬を
2週間程
あげることになりました。
これで効かない様であれば
また検討するそうです。


今度のK先生の診察は2月。


その時もきっと

「 良いじゃないですか!」

を連発してもらえますように。







沢山の薬を飲ませ
色んな所に連れ回し
何度も麻酔をかけ
何度も痛い目に合わせてきた。

私がすーを手離すことが出来なくて
すーに辛い思い
苦しい思いをさせながら
生きさせ続けるのは
エゴなんじゃないか?

局面にぶつかる度
葛藤したし、悩んだ。


発作を起こす度
見るのも辛かった。



それでも今
元気なすーがいる。
すーと一緒にいれる。

1年後も2年後も
その先もずっと、
私とすーは一緒にいる。
元気なすーと
絶対一緒にいる。



諦めないで。
大丈夫だから。


諦めたらそこで試合終了だよ。








もーこ

ロンチーのすーたん。 スムチーのバンビ。 ノラクロ似の夫。 魔人ブゥ似のもーこ。

1コメント

  • 1000 / 1000

  • とーと

    2016.12.15 01:58

    大変な時間を過ごしたけれど、間違いなくすーちゃんも一緒にいたいと感じていたと思います。 だから頑張っての現在があるし、これからもずーっと一緒で頑張ってくれますよ。 来年もまた良い結果になるように楽しみにしています。 そしていつも同じことしか言えませんが、 頑張って!!。